株取引のルールを決めてしっかり守る

株取引においては、自らでルールを決めてしっかり守ることが重要です。自分で決めたルールを破ってしまうと、塩漬け銘柄を作ってしまい、大きな損失を抱えてしまうことが起こり得ます。そうしたリスクを回避するためにもルールを守ることは大事です。株取引のルールとしては、まず損切りのルールがあります。損切りのルールは、保有した銘柄が一定の下落幅をみせた時に売却をする方法です。損切りのルールとしては、株価が10%下落した時に売却するというように設定をしておきます。このようなルールで損切りを行うことで、投資の損失を限定させることが可能となってきます。むかしの格言においては見切り千両という言葉があるように、投資では損切りを早めに行えるかが勝敗を決める面があります。早めに損失を確定してしまうことができれば、その資金で新たな有力銘柄へ投資ができる機会が出てくるからです。次に株取引のルールとしては、いろいろな移動平均線をまたいだ時に売買をすることが挙げられます。移動平均線としては期間によって5日線や25日線、75日線などが用いられることがあります。この移動平均線を目安に売買をすることで、効率的な運用ができる場合が出てきます。5日移動平均線としては、株価が底値圏で始めて5日線を上回った時に買いを入れる方法があります。また、株価が25日線を上回った時には追加の買いを行うようにしておきます。さらに75日線を上回った時にも追加の買いをします。このように移動平均線を使ってルールを決めておくと、上昇相場で上手く買い乗せをしていくことが可能となってきます。逆に天井圏では5日線や25日線、75線を下回った時には売りを行うことになります。このようなルールを守ることで、利益確定も堅実に行うことが実現できます。