株を始めてみたけどどうも上手くいかない、思った以上に利益も出ないしむしろ負けてるというあなた。情報収集であったり、利益確定や損切りのルールは厳しく決めてそれを守っていますか?こちらでは株取引のコツや話題を紹介しますよ。

お札のアイコン

株式投資のトップダウンアプローチ型による売り時

株式を運用する投資信託では銘柄を決める場合に、トップダウンアプローチ型とボトムアップアプローチ型があります。
トップダウンアプローチ型とは上から調査する方法で国の経済成長率や金利・為替動向、注目度のある業種から、国や業種別の配分を決めて、そこに当てはまる銘柄を選定します。企業の外部環境に重点が置かれているため、その国の経済動向や金融政策によって、売買の判断が決まります。
ボトムアップアプローチ型とは下から調査する方法でファンドマネジャーやアナリストが個別に企業を分析して、増収増益が期待できる銘柄を選定します。企業の内部環境に重点が置かれているため、投資先の企業に関連するニュースや決算発表によって、売買判断が決まります。
日本の株式市場において、外国人投資家の売買の比率は高く、外国人投資家の買いが多ければ株価が上がり、売りが多ければ株価が下がる傾向があります。
外国人投資家にとっては、ボトムアップアプローチ型よりはトップダウンアプローチ型で日本企業に投資する傾向が強いため、日本経済の将来の見通しが悪いと判断されると、個別の企業の業績が良くても、株価が下がりやすくなります。逆に、日本経済が将来の見通しが良くなりそうだと判断されると、個別の企業で業績がさほど良くなくても、株価が上がりやすくなります。
トップダウンアプローチ型による売り時のタイミングは個別の企業の業績よりも、日本経済の将来の見通しが悪くなったときです。日本経済は内需よりも外需の方が強いので、為替動向によって、日本経済の将来の見通しが判断されることがあります。そのため、為替で円高トレンドであるときは、売り時のタイミングになることがよくあります。

その他の株に関する記事
  • 最近の日本の株式市場においては非常に大きな変化があらわれてきており、特に現在の市場においては世界的な情勢不安が原因で市場...

  • 最近の日本の金融市場においては非常に大きな変動が訪れてきており、特に現在の日本の日経平均株価に関しては世界の動きにつられ...

  • 株の初心者にとって直ぐに株を買って投資をするというのはかなりハードルが高いものです。 株式取引は株価の動向を分析して買う...